初めて購入したセミダブルベッドの思い出

メニュー

最新記事

トップページ > 初めて購入したセミダブルベッドの思い出

初めて購入したセミダブルベッドの思い出

今から10年ほど前に私が体験した話です。
それまで和室に暮らしているということもあり、ずっと布団で寝ていました。しかしベッドに憧れ、購入を検討しました。値段はピンキリで、少し質のよいものを選ぼうとするとだいぶ値が張って予算をオーバーしてしまいます。どうしようか迷った末、リサイクルショップで探してみることにしました。
しかし、そもそも小型店には大型家具のリサイクル品は置かれておらず、家具専用のコーナーのあるリサイクルショップを探すのに少し手間取りました。しかしある時、これだ、と思えるベッドに出会うことができました。なかなか上等のマットレスもついていて満足して購入し、家に配送してもらいました。初めてベッドの上に横たわる時はなんとも言えず興奮したものです。
ただし、予想以上にスペースをとることに気がつきました。布団を敷きっぱなしておくよりは見た目はもちろんいいのですが、狭い1Kの部屋にはセミダブルベッド以外のスペースがほんの少ししか残らない現実を知り、一瞬たじろぎました。
しかし、やがてベッドの下にも荷物をおけることに気づいたり、ベッド自体を居間のように使うことができることを知っていったりして、私とベッドの距離は縮まっていきました。いまから数年前に、引越に伴ってあのベッドも手放してしまいました。懐かしい思いでです。